神戸・有料老人ホームの選び方相談/ご紹介(芦屋/西宮/明石)

有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅等の紹介業者が、失敗しないホーム選びのコツを書いていきます。https://office-bb.top/ 078-647-7103 携帯090-3943-9131 メール nrf49974@nifty.com

サービス付き高齢者向け住宅から退居を迫られたケース

毎日、大変暑い日々が続いています。

夏と冬は高齢者が体調を崩しやすいため、老人ホームの入居といった環境の変化はなるべくなら避けたいところです。

が、老健施設や病院から退居・退院を迫られているなどの事情があれば、そうもいきません。

 

先日は、サービス付き高齢者向け住宅から退居を迫られ、介護付き有料老人ホームを探したいとのご依頼がありました。

 

当ブログや当方のサイトでも何度か記載していますが、生活相談員のみ常駐のサービス付き高齢者向け住宅でのことです。

 

ご本人や家族は終の棲家として、一生安心して暮らせると考えて入居しましたが、認知症状のために夜間帯のケアが必要になりました。

が、当然にサ高住の夜勤は1名で、人員に余裕がありません。

訪問ヘルパーでは対応しきれずに、退居しなければならなくなりました。

 

以上のようなケースは最近、ご相談で多くなっています。

終の棲家として探す場合は、日中や夜間の職員体制、認知症など疾病への対応なども、できれば確認しておいたほうがよいでしょう。