神戸・有料老人ホームの選び方相談/ご紹介(芦屋/西宮/明石)

有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅等の紹介業者が、失敗しないホーム選びのコツを書いていきます。https://office-bb.top/ 078-647-7103 携帯090-3943-9131 メール nrf49974@nifty.com

サービス付き高齢者向け住宅の淘汰に注意が必要な時代

公的施設である特養ホームの待機者が40万人以上いるとのことで、急激に増加しているのがサービス付き高齢者向け住宅です。

 

高齢者の賃貸住宅であり、生活相談サービスなどが付随していれば開設できますので、事業者側としては介護付き有料老人ホームよりも容易に開業できます。

 

住宅数が増加したことで、これまで在宅から行き場のなかった高齢者が入居できるようになったのは、評価できます。

 

しかし、最近では地域によっては空室が目立つ住宅も目にするようになりました。

サービス付き高齢者向け住宅、介護付き有料老人ホームなど施設間の競争が激しくなり、劣勢な所は赤字になっています。

 

事業ですから、赤字で経営を続けていくことはできません。

 

そのため、廃業するサービス付き高齢者向け住宅も増えています。

多いか少ないかはさておき、2011年からの5年間で125カ所と国交省のデータが出ています。

 

今後、サービス付き高齢者向け住宅の競争・淘汰はますます激しくなると予想されますので、入居を検討する際には経営状態まで確認する必要がありそうです。