神戸・有料老人ホームの選び方相談/ご紹介(芦屋/西宮/明石)

有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅等の紹介業者が、失敗しないホーム選びのコツを書いていきます。https://office-bb.top/ 078-647-7103 携帯090-3943-9131 メール nrf49974@nifty.com

同性介助について

男性の職員が男性入居者のケアを行い、女性入居者は女性職員がケアを行う。 いわゆる同性介助ですが、これが徹底されている施設は少ないのが現状です。 気にならない人は、どうでもいい話かもしれません。 しかし、女性入居者の声として、男性の職員に入浴や…

サービス付き高齢者向け住宅から退居を迫られたケース

毎日、大変暑い日々が続いています。 夏と冬は高齢者が体調を崩しやすいため、老人ホームの入居といった環境の変化はなるべくなら避けたいところです。 が、老健施設や病院から退居・退院を迫られているなどの事情があれば、そうもいきません。 先日は、サー…

契約時はオプション費用を確認する

有料老人ホーム入所の際の契約時、オプション費用について確認するべきです。 月額の収支モデルには月額管理費や食費は含まれていますが、介護保険利用料やオプション費用が含まれていないため、月額予算に余裕がなければ費用を上回ってしまいますし、外出が…

看護師24時間常駐の安心感

昨日の台風が嘘のように、今日の神戸は晴れ渡り、蝉が鳴いています。 台風は東日本に過ぎましたが、日本列島に被害を残さないことを祈ります。 さて、先日見学した介護付き有料老人ホームは、看護師24時間常駐が大きな売りでした。 依頼者が医療的ケアの必要…

介護付き有料老人ホームにご入居されました!

昨日だったのですが、当方がご紹介した案件で介護付き有料老人ホームにご本人が入居されました。 ご本人が見学して選んだケースではありませんのでが、入居の際に気に入ってもらえるのか、そうではないのかが非常に心配になります。 幸いにも、大変気に入っ…

虐待のリスクはどこにでもある

介護施設内で、職員が入居者に行う虐待がときおり問題になります。 従来からあったのですが、高齢化が進み社会の関心が高まったからだと思いますが、メディアなどが真っ先に取り上げるようになっています。 まさか自分や自分の身内が関与している施設では無…

できれば体験入居したほうがよい

介護付き有料老人ホームを探される方のほとんどは、終の棲家として考えられています。 長く暮らし続ける家になるのですから、じっくりと選んでほしいものです。 ご本人以外が探されるケースが多いのもありますが、たいていは資料を取り寄せて見学して、契約…

老人ホームは終の棲家としての選択肢の1つ

住み慣れた地域で、誰もが当たり前に暮らし続けることができ、最期を迎えられるようにというのが、ノーマライゼーションの思想です。 それ叶う方は、それが一番良いと思います。 自宅以上に、住みよい場所はないかもしれません。 老人ホームは、あくまで選択…

雑誌などの老人ホームランキングについて

介護付き有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅が増加しています。 高齢化もますます進んでいますので、老人ホームへの関心がかなり高まっており、雑誌やテレビなどで特集されるようになりました。 よくあるのが、老人ホームランキングです。 取材を基…

介護保険を上手く利用するために、ケアマネジャーに依頼する

老人ホームに入居してケアプランを作成する際もそうですが、自宅で介護サービスを利用しながら生活するにも、ケアプランが必要です。 ケアプランは自分でも作成することはできますが、多くの方がケアマネジャーに依頼して作成してもらいます。 ケアプランに…

介護付有料老人ホームではなく特別養護老人ホームではダメですか?とのご相談

当方は介護付き有料老人ホームをメインに、サービス付き高齢者向け住宅やグループホームのご紹介を業務にしています。 ときおり、表題のようなご質問をいただきます。 特別養護老人ホームは公的施設で安価に利用できますので、良いとかダメとかの話ではなく…

有料老人ホームのキャンペーンについて

有料老人ホームに入居を検討する際に、当方のような紹介業者をご利用いただくとキャンペーンが適用される場合があります。 必ずではなく、期間限定のものもあります。 各ホームが計画通りに入居が進んでいない、決算時期に合わせて収益確保に動く場合など、…

自分である程度老人ホームを絞り込んでいても、紹介業者を活用するメリットはあります

当協会にご相談される方の中には、ご自身である程度の情報収集を行い、見学に行きたいホームを絞り込んでいる方もいらっしゃいます。 それでも当方にご相談される理由としては、 パンフレットなどでは知りえない情報が欲しい 一緒に見学して、質問してほしい…

手厚い介護を受けたいなら、まずは人員配置

有料老人ホームを検討される方の多くは、特養など公的施設より手厚い介護を受けたいと希望されています。 費用が高額であれば、なおさらでしょう。 その場合は、人員配置に目を向けます。 職員体制が特養基準(職員1に対して入居者3以上)以上に手厚くなっ…

介護施設の種類と特徴を掴み、自分に合ったホームを選ぶ

介護保険制度が複雑な仕組みになっていますので、介護施設の種類もさまざまです。 一般の方には介護施設の違いがわかりにくいものですが、各施設の特徴を掴んでホームを選ぶ方法が、一番良いと思います。 例えば、代表的なのが公的施設である特別養護老人ホ…

老人ホーム紹介業者の選び方

最近ではテレビなどのメディアでも、老人ホームなど高齢者住宅・施設の紹介業者が取り上げられるようになってきました。 関西は大阪が主でしたが、兵庫県にも業者が誕生してきています。 ちなみに、当方が事業を開始した際には、兵庫県には2事業者(当方含…

介護施設見学の際は周辺を歩いてみる

見学したい老人ホームが決まったら、とりあえずは見に行くべきです。 いろいろなホームを見ると、各ホームを比較できるようになりますし、何となく良いホームがわかるようになるものです。 また、見学の際は最寄駅から徒歩で行くことをお勧めしています。 と…

プログラムの充実度

特養などの公的施設と有料老人ホームとの違いを感じる点の1つは、プログラムなどアクティビティの充実度です。 先日見学したホームは、ほぼ毎日何らかの催しが開催されており、入居者の日々の生活を豊かにしようと取り組んでいます。 特養ホームなどでは、…

昨日は東灘区のホーム見学同行でした

昨日は、神戸市東灘区にある介護付き有料老人ホームの見学同行をしました。 大手が展開しているシリーズの1つです。 依頼者にとっての第一希望のホームでしたので、じっくりと、念入りに見学して多くの質問をさせていただきました。 ホーム側からは、すべて…

先日はグループホーム見学へ

認知症対応型のグループホームについては、地域密着型サービスです。 阪神間はどこも人気で満床傾向です。 数が少ないのも、ありますね。 ただ、認知症状で集団生活が苦手、環境の変化が苦手な方にとっては入居のメリットが大きいので、認知症の方からご依頼…

入居金ありか、入居金がなく月額に費用が上乗せされている料金体系か

老人ホームの料金体系でよくあるご質問です。 入居一時金をいくらか支払って入居しその分月額費用が安くなるプランを選ぶか、入居一時金がなく月額費用が高くなるプランを選ぶかです。 最近では、プランを選べる料金体系が増えてきました。 どちらがいいのか…

外部サービス利用の介護施設について

サービス付き高齢者向け住宅や住宅型の有料老人ホームなどは、施設内のスタッフから介護サービスを受けられるわけではありません。 特定の指定を受けていない、ケアハウスなども同様です。 外部サービスを利用する場合は、併設や近隣事業所のヘルパーステー…

有料老人ホームの入居一時金について

有料老人ホーム入居の際に、費用負担で大きいのが入居一時金です。 最近では一時金なしのホームも多くなっていますが、老舗の高級老人ホームなどは一時金を採用しているところがまだまだ多いです。 かつては一時金の額が大きいホームは、サービスも良いと考…

老人ホーム紹介業者が無料で利用できるワケ

老人ホーム紹介業者に紹介を依頼しても、利用する側が費用を負担することはまずありません。 無料で情報提供、資料送付、見学同行まで行ってくれて、なぜ無料でできるのですかと、時折ご質問をいただきます。 結論から言えば、費用の負担はホーム側が行って…

看護師常駐対応のホームについて

老人ホームなど介護施設を選ぶ際に、看護師が24時間常駐を売りにしているところがあります。 利用者側からは、施設内に24時間看護師さんがいれば何かの際に安心、と思うものです。 自身の安心感、費用の面でクリアできるのであれば、選択するのもよいで…

職員の応対を観察する

老人ホームなど介護施設のサービスの良し悪しを決めるのは、人です。 職員の質が、施設全体のサービスの質を決めるといっても、過言ではありません。 ですから、見学などの際の職員の応対を観察するとよいと思います。 入居者に対しての言葉遣い、ケアの丁寧…

認知症対応しているホームかどうか

老人ホーム等の介護施設を選ぶ際、認知症ケアに力を入れているホームを選ぶほうが無難かもしれません。 というのも、2025年には認知症者が約700万人を超えると政府が推計しており、誰でも認知症になる可能性があるからです。 認知症になったら退居し…

老人ホーム内で葬儀ができるメリット

これから老人ホームに入居される際に、なかなか検討しない項目かもしれません。 元気に、自分らしい生活をしたくて入居されるのですから、自身の死までは考えないものです。 老人ホーム内で葬儀が行える施設は、けっこうあります。 もちろん、葬儀社を手配し…

サービス付き高齢者向け住宅の淘汰に注意が必要な時代

公的施設である特養ホームの待機者が40万人以上いるとのことで、急激に増加しているのがサービス付き高齢者向け住宅です。 高齢者の賃貸住宅であり、生活相談サービスなどが付随していれば開設できますので、事業者側としては介護付き有料老人ホームよりも…

小規模多機能型居宅介護を上手く使えば在宅生活継続に役立つ

耳慣れない言葉だろうと思います。 小規模多機能型居宅介護サービスは、介護保険適用の地域密着型サービスです。 1つの施設に、デイサービス、ヘルパーステーション、ショートステイの機能を兼ね揃えているため、多機能施設を言われています。 利用者側のメ…