神戸・有料老人ホームの選び方相談/ご紹介(芦屋/西宮/明石)

有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅等の紹介業者が、失敗しないホーム選びのコツを書いていきます。https://office-bb.top/ 078-647-7103 携帯090-3943-9131 メール nrf49974@nifty.com

利用権と所有権の違い

こんにちは!

昨日のセミナーには、多くの方がご参加いただきました。

本当にありがたいことです。

 

さて、昨日はシニア向け分譲マンションでお話しましたが、一般的な介護施設と何が異なるのかについてわからないというご質問をいただきました。

 

サービスの内容については個々に吟味するものですが、大きな違いは、権利形態になります。

 

分譲マンションは所有権を購入しますので、不動産と同じです。

資産価値がありますし、自分自身に何かあれば相続財産の対象になります。

 

これに対して、利用権は自分自身が終生利用できる権利です。

資産価値はありませんが、相続財産にもなりません。

 

分譲マンションのほうが資産価値の面ではメリットがありますが、その他のサービスを含めて検討しますので、一概には言えません。

 

まずは、違いを認識してください。

18日(月・祝)は三田でセミナー!

おはようございます!

台風が近畿及び日本列島を直撃する予定ですが、引き続きセミナー告知です。

18日(月)13:30~ 

シニア向け分譲マンション「マスターズセーヌ三田駅前」モデルルームにて、当方代表が終活・老いじたくセミナーで登壇します。

 

台風の状況次第で、安全第一でお考えいただき、興味があればお越しください。

 

ご予約は

0120-18-2202 にお願いします。

 

当方は受付しておりません。

あくまで登壇のみです。

 

 

終活・老いじたくセミナーのご案内

おはようございます!

日中の気温が30度を超えなくなってきました。

キャンプやバーベキュー日和ですが、週末のシルバーウイークは台風が気になります。

 

さて、そのシルバーウイーク最終日のセミナー告知です。

18日の祝日、13:30~当方の代表が登壇します。

遺言・相続・エンディングノート・後見制度など老いじたく全般について話をしますので、よろしければご参加ください。

参加は無料です。詳細は下記にリンクしてください。お申込みも、下記リンクからお願いします。当方は登壇のみです。

www.masters-scene.co.jp

サ高住の資料請求増えています

介護付き有料老人ホームに比べて費用が安いためか、サービス付き高齢者向け住宅についての資料請求やお問合せが多くなっています。

サ高住自体の数も増加しています。

 

ですが、費用だけで施設選びを行うのではなく、サービスの中身を吟味して選んでほしいと考えています。

当方が対応する場合は、サービスの中身を比較してアドバイスしています。

なかなか一般の方が資料を読み込んでも、サービスの中身まではわかりません。

 

一度はプロのアドバイザーの意見を求めるのも、安心材料になります。

特別養護老人ホームに入れないので、それまで

こんにちは!

日本の平和を脅かすような情勢ですが、平和無くして福祉国家はありませんので、ニュースを注視して見守りたいと思っています。

 

さて、最近多くなっているのが、特別養護老人ホームに入りたいが一杯なので、空きが出るまでの間は有料老人ホームに入りたいというものです。

 

特養はどこも待機者が数多くいますし、要介護3以上でなければ原則入居できません。

そういう選択肢もありますが、当方の経験から、一旦有料老人ホームの快適さに慣れた方が、特養に移動するのは難しいと思っています。

 

特に標準以上の有料老人ホームのサービスを受けていた方が、特養ホームに移動すると、今までしてもらえていたことがサービスに含まれていないなど、ストレスを感じる傾向にあります。

 

特に人員を手厚く配置している有料老人ホームからの移動は、できるだけ避けたほうがよいでしょう。

 

どちらが良いわけではなく、それなりの対価を支払って利用する有料老人ホームですから、サービスが良いのは当然です。

 

もちろん、逆のパターンは、大変上手く行く傾向にあります。

 

 

認知症状の強い方の介護施設選び

こんばんは。

バタバタしており、ブログ更新が滞っていました。

ここ数日は、サービス付き高齢者向け住宅についてのご相談が多かったです。

 

さて、認知症の方が増加していますので、施設探しの際に何らかの認知症状のあるケースも多いものです。

少々の認知症状は何ら問題ありませんが、認知症状が強い方は慎重に施設選びをします。

全てはご本人の安定のためです。

施設に入居することによって本人が不安定になっては意味がありません。

 

本人の症状に合わせた施設に入居すると、見違えるように症状が改善するケースもあります。

サービス付き高齢者向け住宅の増加

おはようございます!

9月に入りました。日中はまだまだ暑いですが、だんだんと朝晩は過ごし易くなっているような気がします。

 

さて、先日はサービス付き高齢者向け住宅をこれから始めようとされている事業者さんと歓談する機会がありました。

 

今から建設するのですが、最近は都市部でサービス付き高齢者向け住宅が増加し過ぎている傾向にありますので、部屋が埋まるかも含めて、作戦を練っているようでした。

 

何らかの差別化ができないと、部屋が空きっぱなしの施設もけっこう散見されます。

 

急激に数を増やしています。

 

当たり前ですが、1つ施設ができると、運営に職員が必要です。

介護職員の取り合いになっている地域もあります。

 

補助金がありますので参入しやすいのですが、政策的に数を増やすだけでなく、質も担保できるような配慮が必要になってきています。